キクは育て方が分かりやすく初心者向けの花です

キクの花について

園芸

キクの語源

キクの名前の由来は、1年の最後に花開くため、限度に行きつくという意味合いの「窮まる」という言葉からきていています。ちなみに、海外ではギリシア語で「黄金の花」という意味合いをもっています。

元々は中国の植物

自宅で栽培できるイエギクは、元々中国の花です。キクが日本にきたのは奈良時代からで、薬草や観賞用として親しまれながら大菊、中菊、小菊といったような大きさに分けられる種類が栽培されるようになりました。育て方によって変化が楽しみやすいのも菊の特徴です。

キクの花言葉

海外での表し方や色ごとの花言葉もありますが、キク全般の花言葉は3つあります。キクの花言葉は、高貴と高尚、そして高潔です。全体的に気高い印象の言葉ですが、これは日本の皇室の紋に採用されているというところから由来しています。

色別にも花言葉がある

多くの花がそうであるように、キクにも色ごとに固有の花言葉があります。たとえば、黄色の花には長寿と幸福、白い花には誠実や真実といった花言葉があります。

世界三代花のひとつ

キクは日本でも古くから愛されている花ですが、欧米での人気も高い花です。バラやカーネーションとあわせて、世界三大花として広まっています。